DZ Securityとは?

DZ Securityとは

本人認証「DZ認証」と、ファイルのクラウド分散「DZクラウド」の二つの要素技術から構成されており、可用性、信頼性、そして拡張性の高いセキュリティソリューションです。

本人認証の安全性と利便性の両立
ユーザーに余計な負担を掛けず、いつものID/パスワードで面倒なログイン情報の記憶から解放します。
デバイスの盗用、紛失などによる、情報流出や損害の心配をなくし、ユーザーがデバイスを安心して利用できるようになります。
認証処理はすべてユーザーが利用するデバイス内で完結するため、ユーザー認証に利用する認証情報を一切外部サーバーなどに送信しません。これによりユーザーに関わる個人情報の外部流出を心配する必要はありません。

本人認証の課題解決

DS Security「バックグラウンド認証」の特徴

  • 認証は「いつ」「どのように」行われているのか?

・本人認証の必要があるサービスやアプリの利用開始から利用中「継続的」に
・ユーザーの生体器官と、ユーザーの癖(ふるまい)を用いる、多要素認証
・他ユーザーによる乗っ取り(なりすまし)は不可能

DZ Security のバックグラウンド認証は、本人認証を「いつ」 ログインするタイミングのみの認証で十分なのか?
「どのように」ID/パスワードや2段階認証だけでの認証で充分なのか?
といった二つの課題を同時に解決し、安全性と利便性を両立できる、全く新しい次世代の認証技術になります(国際特許取得済)。