次世代の人材育成システム:「学習システム」

働き方改革への対応策として生産性の向上に向け、次世代の人材育成システム:「学習システム」

期待できる効果

会社側(管理者):育成のパフォーマンスの評価、人材育成関連情報をデーター化、 今後の育成計画の作成へのサポート、労働生産率の向上
社員(ユーザー):システムへのアクセスはよりスムーズ、自分の学習成果をきちんと把握

対応問題

会社側(管理者):人材育成の状況を把握できない 育成システムの利用率が低い 人材育成の効果が出ない
社員(ユーザー):育成システムの利用が面倒 トレーニングを受けても効果がない

働き方改革をしている現在、企業にとって、労働時間の短縮と生産効率性の向上がより重要になってきます。社員のパフォーマンスを向上させるため、この背景に基づき、人材育成の効率が低下し、育成効果の把握ができないなどの問題点を解決するために、DZ SecurityとE-Learningを連携して、次世代の人材育成システムを提案いたします。

DZ Securityの強み
社員(ユーザー)へ一切負担を掛けず、本人であれば、O K
会社側は、社員の学習状況のデータを管理、分析できる。
DZクラウドでユーザーの情報をは分割保存されるため安全性が高い。

DZ Securityの「DZ認証」は、随時本人認証を行っているため本人以外の受講やテスト回答が不可能となり、本人(ユーザー)のオンライン時間や学習時間をデータ化することができます。
利用情報をデータ化し、結果を総合的に分析してパフォーマンスへの適正評価、人材育成、成果の把握、人材育成効率の向上が期待でき、生産性の向上、労働時間の短縮に繋がります。